Newspicksの『DMM vs レアジョブ』対談を読んでみて

great_sino-japanese_battle_at_fenghuangcheng

 

英会話を事業としてやっている以上ここは避けて通れませんよね( ー`дー´)キリッ 最初の出だしは当たり障りない内容ですが、予想通りDMM亀山会長の笑いながら“刺す”ようなツッコミが(゚Д゚;)


これから続く連載も楽しみですが、コメント場があれております。ご興味ある方はそちらをご覧くださいませ。
と、同じ英会話なので個人的には意識せざるおえない両社。特にDMMさんは個人的にお付き合いがあったりするのもありますが、DMM AKIBAやVRシアターなど、先端テクノロジーへも非常に造詣が深く、競合以前に興味があります。
と、余談は置いておいて、改めてそれこそ家康の様な“お殿様”に対する私たちはどの様な存在なのだろう?なんて、頭の体操程度に考えてみます。

1番の違いは、AIと人

それ以外は価格やレッスン内容、スマホ中心、ブラウザ中心と様々な違いはありますが、やっぱり1番は会話相手がAIと人ということ。

AIのメリット


対談の様に、ディスることも出来なくはありませんが、そんな危険な事は穏健派の私には到底出来ませんが、シンプルにどんな違いがあるのだろうと考えると、

  1. 予約が必要ない
  2. 制限時間がない
  3. 恥ずかしくない

なんて、英会話自体にはあまり関係ないですが、個人的には意外とここらへんはよい点だなと思ったりもします。

オンライン英会話のデメリット


予約と制限時間については、相手が人である以上なくせないものだと思います。当然、予約がかぶることや相手の都合など、完全に企業側が奴隷のごとく働かせられる人が無限にいれば解消されますがそうはいきませんし、別の人で代替と言うことも、体験者の方はお分かり頂けると思いますが、やっぱり初めての人との話には国籍関係なく挨拶がつきものです。

 

AI英会話のメリット


と言うわけで、予約と制限時間に関しては対人でないので解消出来るのは想像の範囲として、個人的に1番のメリットは、“恥ずかしくないこと”。これにつきます。人によっては緊張感がある方が良いという風に思われる方もあると思いますが、私の様な英語弱者からしたら、ノリと特典で予約したはいいものの、いざ時間がやってくると、心臓が脱兎のごとく暴れ出します。
そして、繋がってみて『HELLO.ベラベラベラベラ』と、言われたら、“フリーーーズ!”と、コウイチくんのスタンド“エコーズ”に攻撃されたかのように、ズドーン!!と、おし黙るしかないわけですよ。(ジョジョ第4章より)

 

と、冗談はおいておいて、オンライン英会話の対人英会話の良さはありますが、AI英会話だからこそできることがあり、また同時にそれは同じ英会話ではあるけど別物なんだなと、改めて思いました。

あなたにオススメの記事

  1. ビジネスで英語を使う時に!相手の視点を理解する方法

  2. マトリックスの世界はもうすぐ目の前

  3. SpeakBuddyブログ8月人気記事ランキング

    SpeakBuddyブログ 8月の人気記事TOP20

  4. 日本人は英語さえできれば世界でもっと活躍できる

  5. google翻訳

    Google 翻訳 の英訳がすごいというから試してみたら驚い…

  6. 中国英語

    英語と中国語

  7. 近未来ドラマ『ブラックミラー』が面白い

  8. 世界言語

    世界言語は英語?

  9. AIアートは1秒で出来る驚きのスピード感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー