留学とワーホリの違いとは?経験者が目的に合った選び方をご紹介!

留学とワーホリどっちがオススメ?

留学もワーホリもどちらも海外での貴重な体験!あなたにはどっちが向いている?

あなたにオススメなのは語学留学?それともワーホリ?両方の経験者が語ります。

こんにちは!Miaです。

留学やワーホリに興味がある!
ワーキングホリデー(以下、ワーホリ)も良さそうだけど、語学留学の方が英語力を伸ばすには良いのかな?
英語学習者の中には悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、カナダへの語学留学とワーホリの両方の経験者である私が自分自身の経験を踏まえて、それぞれどんなタイプの人におすすめかについてシェアします。

*関連記事:留学・ワーホリにエージェントは必要?経験者がお答えします。

ワーホリがおすすめの理由

私の個人的意見としては、断然ワーホリをおすすめします。
その理由は、語学留学(=学生ビザ)よりワーホリの方がはるかに自由度が高いからです。
ワーホリのビザでは、

・現地で働ける
・かと言って働かなくても良い
・語学学校にも半年間通える

ワーホリのビザであれば、私が行ったカナダの場合は語学学校で最長の半年間で英語を学べます。そのあとは現地で仕事ができ、お金を稼ぐこともできちゃいます。
別に働かないといけない訳でもないので、フラフラと行きたい場所の旅行することだってできます。

ただし、ご存知の方も多いかと思いますが、ワーホリビザは18歳から30歳の間の一年間限定です。
現在、その年齢に当てはまる方であれば、私はワーホリをおすすめします。

語学留学は学生さんにおすすめ

もちろん語学留学も素晴らしい選択肢だと思います。
私の個人的な意見としては、語学留学はビギナーから中級者レベルの学生の方向きだと思います。
TOEICのスコアで言うと目安は500点台くらいまでのレベルでしょうか。
私自身も大学生の時に学生ビザでカナダへ留学しました。

学生ビザでは、学校内での仕事が許されている場合もありますが、ほとんどの場合は働くことはできません。
シンプルに「外国で学校に通うことができる」というものです。

英語を勉強し始めたばかりの方や、費用を切り詰める必要がない、あるいは余裕があるという方には、ワーホリよりも語学留学が合っているでしょう。
仕事の時間なども気にせずに語学学校に通えば、完全な英語環境で集中的に英語の勉強ができるので、英語力をアップさせるには効果的と言えるでしょう。

英語力はどれくらい伸びるのか?

私は語学留学を半年間経験して、TOEICのスコアが250点アップしました。
自分の中で大きく変わった点は、英語を話すことに対する自信がついたということです。
また大学生の時に留学を経験し、卒業後は英語を使う仕事に就くことができました。
留学で集中的にアップさせたTOEICのスコアが就職を助けてくれたと思っています。

英語力だけでなく人生の糧になる留学・ワーホリ体験

いかがでしたか?

海外で暮らすということは英語力の向上だけでなく、自分の視野や世界観を大きく広げてくれる、かけがえのない時間です。

日本にいるだけではまるで気付けなかったことや、世界中の人々と出会えるチャンスです。しっかりと自分の目標を定めて、あなたの人生を彩る留学やワーホリでの貴重な時間を過ごしてくださいね。

Life is short 🙂

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

あなたにオススメの記事

  1. 英語での敬語や丁寧表現!日本の敬語とどう違う?

  2. 【英語面接】海外や外資系企業で働く時に聞かれる5つの質問と答…

  3. 日本の贈り物文化を英語で説明「お中元」と「お歳暮」編

  4. 留学やワーホリにエージェントは必要?経験者がお答えします。

  5. 英語のミーティングでファシリテーターをうまくこなす秘訣

  6. シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.6

  7. 代表的なアメリカ英語とイギリス英語の違い

  8. シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.3

  9. エンジニアやプログラマーは英語力をつけて仕事力UP!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー