知れば面白い、イギリス英語とアメリカ英語の違い

みなさま、こんにちは。

Center /Centre, Tea/ Dinner, Chips /Fries、何の違いかお分かりですか?
センター、お茶・夕食、チップス・フライ???

答えは、アメリカ英語とイギリス英語の違いです。この話題は結構面白いと思いますので、さっそく見ていきましょう。

CenterとCentre

よーく見るとスペルが違いますね。アメリカ英語はerに対しイギリス英語はreになります。

あ、この人スペル間違えている、なんて思わないようにしましょう(笑)。

他にもlicense(米)に対しlicence(英)です。

これはイギリスだけに限らず、イギリスの植民地だった国(シンガポール等)ではイギリス英語が使用されています。日本はアメリカ英語を学びますので、ワードドキュメントやメールなどで、licenceといったイギリス英語を入力すると、スペルチェックが入りますね。

Tea とDinner

これはびっくりされる方も多いと思います。イギリス英語を話す地域(ニュージーランド等)ではDinner「夕食」をTeaと言います。
私がホームステイをしていた頃、夕食時

”Tea is ready.”
「ご飯ですよ」

と言われ最初はびっくりした覚えがあります。

しかし”Dinner”とも言いますので、”Tea”と言われたのに”Dinner”を振る舞われた、又はその逆もあるのではないでしょうか?
どう使い分けているのか、私もその辺は定かではなく、ネイティブの勘でしょうか。

  

ChipsとFries

Chips(英)もFries(米)もフレンチフライ(プライドポテトポテト)の事です。

イギリス圏でレストランに行くと
” Would you like chips or baked potato?”
「フライドポテトかベイクドポテト、どちらになさいますか?」

と聞かれますが、chipsはポテトチップスの事ではなくフライドポテトの事です。FriesやFrench friesはアメリカ英語ですので、日本人には馴染みの深いものですね。他にも食べ物ですとcookies「クッキー」とbiscuits 「ビスケット」です。私もイギリス英語を話すニュージーランドで暮らしていましたが、cookies「クッキー」と言う単語はあまり聞いたことがありません。

文法的な違い

今までは口語の違いをご紹介してきましたが、最後に文法的な違いをご説明いたします。

(英)I feel headache since I have studied too much.
(米)I feel headache since I studied too much.

上記の様にイギリスでは好んで現在完了形を使い、アメリカでは過去形を使います。

日本では現在完了形と完了形では意味が違い別々に習いますが、上記の文章の意味は同じです。

まずは、間違えても恥ずかしくない方法で英語を学びたい方は、是非Speak Buddyをお試しください!

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

あなたにオススメの記事

  1. 英会話に向いている性格診断!

  2. 【ビジネス英語】クッション言葉を使えていますか?

  3. 経営者の方必見!英語でミーティング(後半)

  4. 起業家にオススメの洋書

  5. ネイティブらしい英語表現のコツ!“Yet”, “alread…

  6. 英語での年末年始の挨拶はこれで完璧!そのまま使える例文集

  7. 英語で「お盆」を説明できる?

  8. “Of course”ばかり言ってな…

  9. AI同士の会話はどうなるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

Twitter でフォロー