【英語面接】謙虚さはNG?知っておくべき基本の心得

みなさんこんにちは、Miaです。
以前、英語の面接で聞かれる定番の質問 “Tell me about yourself”の答え方についてシェアしました。
この記事では、英語の面接に備えて知っておくべき心得についてシェアします!

 

定番の質問は日本の面接と似ている

前回の記事でも少しだけ触れましたが、英語の面接とは言っても、
定番の質問は日本の面接でよく聞かれるものにとても似ています。

Tell me about yourself.
あなた自身について教えてください。
Why do you want to work for us?
当社を志望する理由は何ですか?
What are your weaknesses and strengths?
あなたの長所と短所を教えてください。

とっても基本的な定番の質問を3つピックアップしました。
日本の面接を一度でも経験したことがある人は、どれも聞き覚えがあるのではないでしょうか?

英語の文化においても、面接に関しては日本と比較的似たスタイルと言えるでしょう。

 

謙虚さはNG!常に自信満々で挑むべし

ただし、一つだけ英語の面接において知っておくべき日本との違いは、
“謙虚さはいらない”ということです。

どんなに自分の英語力に自信がなかったとしても
英語で面接を受けるという段階になったからには、
日本人的な謙虚さや奥ゆかしさは捨てて挑むべきです。

というのも、日本では良しとされている謙虚さは、
英語の面接の場では評価されているとは言えません。

英語での面接においては、
自分がいかにその会社に適している人材であるかを主張するのが重要です。

Why should we hire you?
あなたを雇うべき理由は何ですか?

この質問も定番の質問の一つです。
自信満々に答えてなんぼなのです。

だからこそ、
自分がどうしてその会社に適している人材なのかをアピールするために
しっかりと自分自身を把握して文章にして準備をしておくことが、鍵となるのです。

 

面接に向けてイメージトレーニング

面接が近づいてきたら、SpeakBuddyで実際に英語の面接を疑似体験できるような
イメージトレーニングをしておきましょう。

SpeakBuddyの面接のシチュエーションを利用して、
会話の文章はスラスラと答えられるレベルに丸暗記
苦手な発音があればしっかりと克服しておくことで、
当日の緊張を緩和することにつながります。

とにかく、自分が考えた英語の文章を口に出して発声すること、
そして、それを何度も繰り返して、慣れておくことが当日の自分自身を救います。

英語での面接は入念な準備が鍵となります。
しっかりと準備しておけば、普段の日常会話やビジネスシーンでの自己紹介にも役に立つので、
マスターしておいて損はないでしょう!

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

あなたにオススメの記事

  1. ビジネスランチでよく使う英語表現はこれで完璧!

  2. ビジネス英会話力を上げる!TOEIC スピーキングテストを受…

  3. ビジネス英会話 Yes, Noの意思

  4. ビジネスシーンで使える!英語での丁寧な断り方とは?

  5. 知らないと恥ずかしい?海外のレストランで使われる定番フレーズ…

  6. TOEICで何点必要?英語を使う仕事8つ!<600点レベル〜…

  7. ビジネス英語でクビ?!解雇?!大きな意味の違いご説明します

  8. ビジネス英会話を学ぶ!教材の選び方

  9. 【英語で自己紹介】職業やポジションを表す基礎フレーズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

Twitter でフォロー