経営者の方必見!英語でミーティング(後半)

英語でのミーティングを円滑に進めるシンプルなフレーズを集めました

皆さん、こんにちは。

早速ですが前回に引き続き、経営者向けのミーティングでのフレーズをご紹介したいと思います。

役割分担の確認

再確認のためにも、議事録や記録を取る人を指名する際は、下記の様なフレーズを使用します。

(名前) has agreed to take the minutes.
(名前)が本日の議事録担当です。
(名前), would you mind taking notes today?
(名前)、本日の議事録を担当していただけますか?

ミーティングを円滑にするためのルール

発言や決定権に関し、ルールがある場合は本題に入る前に参加者に伝えます。

I suggest we go round the table first.
最初は順番に意見を聞いていきたいと思います。
I suggest we go round the table first to get everyone’s feedback. After that, we’ll take a vote.
最初は順番に意見を聞いていき、その後決定(投票)をしましょう。
We’ll have to keep each item to ten minutes. Otherwise we’ll never get through.
時間が無くなるので、各トピックを10分以内としましょう。

最初のアジェンダ

いよいよアジェンダに入ります。下記の様なフレーズを使用すると、参加者にアジェンダに入る事が分かりやすいです。

So, let’s start with
Shall we start with. .
では、…から始めましょう。

(名前), would you like to kick off?
(名前), would you like to introduce this item?
(名前)、最初に始めて頂けますか?

質問がないかを確認

次のアジェンダに移る前に、質問がないかの確認をします。

Does anyone have questions for first agenda?
Let me know if you have any questions before we move on to second agenda.
次のアジェンダに移る前に、質問はありますか?

ブレイク

長いミーティングの時はブレイク(休憩)を取りましょう。

Let’s take 10 minutes break, we will start again from 2:30pm again.
10分の休憩を取り、2:30からまた始めましょう。
Let’s have afternoon break for 15 minutes and feel free to have complimentary coffee at our pantry.
さて、午後の休憩を15分取りましょう。パントリーに無料のコーヒーがありますのでご自由にどうぞ。

各アジェンダの終了

次のアジェンダに進行する事を表す際、下記の様なフレーズを使用します。

Let’s move onto the next item
The next item on the agenda is
Now we come to the question of.
さて、次のアジェンダに移りたいと思います。

メインパーソンの紹介

ご自身が進行役をしていた会議で、ほかの参加者が進行役やメインパーソンになる場合は、下記の様なフレーズを使用します。

I’d like to hand over to(名前), who is going to lead the next point.
次の課題では、(名前)に進行役をお願いしたいと思います。
I’d like to hand over to(名前), who is going to discuss the financial issues.
次のファイナンシャルのアジェンダでは、(名前)に進行役をお願いしたいと思います。
(名前)will explain next topic with regards to our target for next semester.
来期のターゲットに関しては、(名前)が紹介します。

会議サマリー

会議の終了時にはサマリーを言います。

Before we close, let me just summarize the main points.
To sum up, …
Shall I go over the main points?
会議終了前に、本日のサマリーを言いたいと思います。

次回のミーティングのスケジュール

次回のミーティングの予定がある場合は、下記の様なフレーズで確認をします。

Can we fix the next meeting, please?
次のミーティングはいつにしましょうか?
What about the following Wednesday? How is that? So, see you all then.
来週の水曜日はいかがですか?
Everyone, let me know your schedule by next Monday by e-mail.
みなさん、来週の月曜日までに都合の良い日をメールで教えてください。

参加者にお礼を言う

会議に参加した人々にお礼を言いましょう。

I’d like to thank for (名前)coming over from London.
(名前)、わざわざロンドンから来ていただきありがとうございます。

Thank you all for attending.
Thanks for your participation.
参加をしていただき、ありがとうございました。

会議の終了

The meeting is closed.
I declare the meeting closed.
これで、本日の会議は終わりです。

前回の記事より、ミーティングの進行役になった際の表現方法をご紹介しました。
ご覧いただくと分かるように、あまり難しい言葉やフレーズは使用していませんね。
私も実際ミーティングの司会をやったことがありますが、難しい表現を使おうとせず、シンプルでも簡潔に話すことが必要だと思います!

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

あなたにオススメの記事

  1. 英会話に向いている性格診断!

  2. 【英語面接】海外や外資系企業で働く時に聞かれる5つの質問と答…

  3. ビジネス英語でメールを書く方法!すぐに使える例文集 Part…

  4. 今度こそ英語の学習習慣を身につけたい人に勧めるアプリ!Spe…

  5. How to pitch to a VC〜ベンチャーキャピタ…

  6. ビジネス英会話のキャッチボール、これで完璧!

  7. 【ビジネス英語】クッション言葉を使えていますか?

  8. 言い換えるとフォーマルな印象になる英語の動詞10選!

  9. ビジネス英会話力を上げる!TOEIC スピーキングテストを受…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

Twitter でフォロー