TOEICテスト目標点数までの学習時間の目安はどのくらい?

TOEICの目標スコアは何点?ゴールまでどのくらいの学習時間が必要?

こんにちは、珠野あさみです。

英語の力を伸ばしたい、でもやる気がなかなか続かないんです!…という人は、多いのではないでしょうか。

私もなかなかやる気の続かないひとりですが、英語学習を中学生で始めてもう四半世紀。
毎日、全力で英語学習!という訳ではないですが、1週間全く英語を勉強しない、もしくは英語に触れないということは今日までありませんでした。

映画を観たり、独り言を英語で言うなど(いつも、いくつかのフレーズを使っているだけですが)、そういうことも含めています。

でも、ビジネスで英語を使いたいあなたは、1日に2〜3個の英語フレーズを使うだけでは、希望の英語力までの道のりは遠のくばかりです。

では、あなたは一体どのくらい勉強をしたら自分が求める英語レベルになれるのでしょうか?

ゴールのない短距離走は絶対にしたくないですよね。それと一緒で、「3週間後にイスラエルに出張する」などの差し迫ったモチベーションがない限り、ゴールのない英語学習を全力で続けることはとても難しいのです。

今日は、あなたの求めるゴールまで、どのくらい全力疾走したらいいの?ということをブロガー「ツウ」さんのお話を元に、お伝えしたいと思います。

トータル英語学習時間、9037時間以上

ツウさんは『Enjoy Life in English』という英語学習ブログを運営してる方で、1日に平均2,000以上のアクセスがあるブロガーさんです。ご自身の英語学習経験を元に、ブログで英語学習情報を発信しています。

TOEIC950点、英検準1級取得。最終学歴は高校卒業のツウさんですが、2008年、初めてのTOEICで560点。すでに高校生の平均以上ですね!
そこから学習時間や内容のログをつけています。ツウさんの総学習時間が9037時間以上、単純計算で1日2時間以上になります。それだけでも、かなりすごいことですね。

では、TOEICのスコアと学習時間はどんな関係があるのでしょうか?

TOEIC点数アップに必要な学習時間の目安は?

学生時代の勉強量、現在の英語力、仕事やプライベートでの英語使用の有無、1日の平均勉強時間にもよりますが、現在400点台の方の場合、

◯目標600点:400〜600時間(134〜200日)
◯目標730点:600〜1000時間(200〜334日)
◯目標800点:1000〜1500時間(334〜500日)
◯目標900点:1500〜2500時間(500〜834日)

は必要ということです。(カッコは、1日3時間勉強した場合の必要な日数)

個人的には、妥当な線かと思いつつ、「うーん、最大で2年4ヶ月か…」なんて尻込みをしてしまう感じもします。これは、TOEICの高スコアを求める強い情熱やモチベーションが必要そうです。
【参考】モチベーションを維持する名言5つ

あれ?でも、よく考えてみてください。

<1日3時間、1年だけ続ければ730点なんでしょ?>

企業が求める昇級に必要なTOEICスコアは、730点以下のところも多いですよね。とすると、1年やるだけだよね、と考えることもできませんか?

TOEIC目標スコア達成に必要な問題数目安は?

ツウさんは、TOEIC目標スコアを達成するのにどのくらい問題数をこなしたらいいかの目安も出してくださってます。

現在400点台の方の場合

◯目標600点:400〜600問(2〜3回)
◯目標730点:800〜1200問(4〜6回)
◯目標800点:1000〜2000問(5〜10回)
◯目標900点:2000〜4000問(10〜20回)

(カッコ内は、1回分の予想問題(リスニング100問+リーディング100問)を何回分やるかの目安)

一般的な予想問題集には6回分程度しか収録されていないので、色々な問題集を用意する必要がありそうですね。
それでも昇級に必要なスコアを取るために予想問題集を数冊準備すればいいのか!と考えると、一気にやる気が湧いてきてしまうのは、私だけでしょうか?

これを忘れたら努力が無駄になります!

今まで1,600人以上に英語を教え、5,000人以上の英語学習者を見てきた私がここで思うことがひとつあります。
現在TOEICスコアが400点台のあなたが730点をとりたいなら、1日3時間、1年間学習を続け、予想問題集を6回分やるとかなりの実力になります。

でも、ただ問題を解けばいいということではありません。

問題を解く
→わからない単語を調べる
→文法構造がわからなければ調べる
→文を読んだら意味がわかるようになる
→英語らしい発音・リズム・イントネーションで音読をする

上記のような学習方法をしなければ、あなたの英語力はつきません。言い方を変えれば、これさえやれば、あなたの英語の実力は急上昇することは間違いありません。

しかし、多くの人が苦痛に耐えられず、モチベーションを維持できず継続できません。継続できるかできないか、これが実力の差なのです。

大丈夫!自分に合った方法なら、英語学習を続けられる!

今は色々な英語学習の教材があるので、毎日全力で英語を勉強できない人もモチベーションが落ちてきたら楽しく取り組めるものに切り替えることで、学習を続けることができます。

SpeakBuddyをはじめとする、今じわじわと人気を広めているスマホアプリでの英語学習。
【参考】英語でやりとりしながら学べるアプリ

字幕を日本語や英語に変えながら、知識も英語も身につけられる観るだけ学習
【参考】TEDを使っての英語学習

好きな曲を流すだけ、洋楽を利用した英語の勉強
【参考】音楽を楽しみながら英語力を伸ばす方法

など、学習方法は本当にいろいろあるのです。

自分に合った方法で楽しみながら、気持ちがのった時はTOEICのスコアのためにも勉強する、といったスタイルで学習を続けることが、TOEICスコアアップのための一番の近道です。

「気がのらないから1週間何もしない」

ではなく

「気はのらないけど、気楽に取り組める方法でだけ英語に触れる」

それだけでも学習継続のご褒美が、いつかもらえるはずです。

本日もありがとうございました。

*【オススメ】英語を使った仕事のTOEICスコア目安も人気記事です。

The following two tabs change content below.

Asami Tamano

中学生から英語を学び始めた典型的日本人。TOEIC950点と英語検定準1級を独学で取得した体験と英語学習者5000人以上を見てきた経験を元に、英語を学ぶ方を励ますような記事を書いていきます!

あなたにオススメの記事

  1. TEDで英語学習 オーケストラ指揮者から学ぶリーダーシップ

  2. 英語だけで大丈夫?外国人へのおもてなし

  3. 英語学習のスタイルは?

  4. 英語ネイティブに近づく!wouldの使い方

  5. TOEICのリスニング、3ヶ月で300点アップの方法教えます…

  6. 自分にぴったりの英和辞典を選ぼう!

  7. TOEICスコアアップ確実!リスニングの先読みテクニックとは…

  8. なぜ英語を学ぶのでしょうか?

  9. 
映画で英語を勉強しよう!初心者にも効果のある学習方法とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

Twitter でフォロー