日本人の英語の悩みを解決します!お悩み別アドバイス

日本人の英語の悩みTOP10は何だと思いますか?それぞれに合うアドバイスをお伝えしていきます。

こんにちは、珠野あさみです。

日本人は英語に対する憧れが強く、英語に対する自信も低いことはよく知られています。
(もしかしたら最近のZ世代になると違っているのかもしれませんが。)
日本人の英語を学ぶ時の悩みって何でしょうか?
典型的日本人の私は「日本人の英語学習の悩み」が山のように思いつきますし、英語を学び始めてから考えない日はないくらい毎日悩んでいます。

そこで、一般的に社会人の皆さんたちはどんなことに悩んでいるのかな?と疑問に思い、調べてみました。

今回参考にさせていただいたのは、たった2日で話せる実感を約束イングリッシュブートキャンプのサイトです。
参加者への調査結果として日本人の抱える英語の悩み【TOP10】という記事になっています。
英語を学ぶ日本人が抱える悩みをみて、私も!と共感する方もいるのではないでしょうか。
それでは気になるTOP10と、お悩み別に解決策も提案させていただきます!

日本人が抱える英語の悩みTOP10

第10位 リーディングが苦手
第9位 学習が続かない
第8位 苦手意識が取れない
第7位 英語を使う機会が少ない
第6位 勉強方法がわからない
第5位 英語力が上がらない
第4位 ボキャブラリーが少ない

どれもこれも、同感です!気持ちわかります、そうなんです。そして何度もこの悩みで学習をストップさせたことありますよ!むしろ私以外の人も同じく悩んでいたことにちょっと安心しました!

ではTOP3はどんなものがあるのでしょうか。

第3位 リスニングができない
第2位 仕事で英語を使う必要性に迫られている
第1位 言いたいことが言葉に出ない

堂々の一位は、やはり「言いたいことが英語にできない」
語学学習の究極の目的は「言いたいことを外国語で言う」「相手の言った外国語を理解する」ことですから、悩みのトップにきて必須でしょう。
言い換えると、「言いたいことを外国語で言う」「相手の言った外国語を理解する」=英語がわかる、ということなので英語がわかった気にならなければだいたい挫折してしまう、そういうものですよね。
加えて仕事で英語を使う必要性に迫られているのにも関わらず聞けない話せない、なんて本当に苦悩としか言いようがありません。
ではお悩みをどう解消していけば良いでしょうか?

英語のお悩み別アドバイス!

他記事もご紹介しながら、英語のお悩み別にアドバイスをお伝えしたいと思います。

第10位「リーディングが苦手」と第3位「リスニングができない」、第4位「ボキャブラリーが少ない」という方、おめでとうございます。苦手なものが具体的にわかっているというだけで、もう一歩抜きんでています。

この3つのお悩みは、別々のようで繋がっています。
リーディングが苦手だからと言ってリスニング練習をしない…のはもったいない話ですよ。

◉リーディングが苦手→リーディング練習をする→ボキャブラリーも増える=「ボキャブラリーが少ない」の解消
◉リスニングができない→リスニング練習をする→リーディングも早くなる=「リーディングが苦手」の解消
◉ボキャブラリーが少ない→単語を覚えようとする→リーディングで読める単語が増え、リスニングで聞ける単語が増える=「リーディングが苦手」「リスニングができない」の解消

というように、それぞれの具体的な苦手を解消していこうとすると、他の苦手も小さくなっていくものです。

TOEICリスニング対策Part1TOEICリスニング対策Part2,3,4にあるリスニング対策や、Netflixでリスニングを強化する方法HPを使った多読キクタンで単語を覚えるなどの記事も参考にしてみてください。

第9位「学習が続かない」第7位「英語を使う機会が少ない」第6位「勉強方法がわからない」第1位「言いたいことが言葉に出ない」(スピーキングが苦手)という方には、SpeakBuddyの利用をお勧めします。そういう方にこそ使って欲しいこの優秀なアプリは、バイリンガルになりたい夢をサポートしたい一心で作られているんですよ。

使い方は私が英会話アプリSpeakBuddyをお勧めする理由スピーキング力をアップしてビジネス社会を生き残る!でもご紹介がありますが、SpeakBuddyは色々な場面の英語を聞くことができ、その英語を練習することができ、発音や単語チェックまでできるアプリです。
勉強方法がわからない人には特に「とにかくSpeakBuddyを1ヶ月使ってみて!」と思うくらいお勧めです。1日1回好きな時間にアプリを起動して、案内の通りに取り組むだけで英語の勉強になるのです。

スピーキングに関しては英語スピーキングの苦手克服!4つの症状別処方箋はこれ英語のスピーキングを上達させるコツを楽しく身につけるには?、また実際に話さなくても英語日記とSNSで英語を上達させる方法などの記事も参考にしてみてください。

英語を使う機会が少ない人には日本にいながら英語を学ぶ環境を作り出す5つの方法というこちらの記事もお勧めですね。

第2位「仕事で英語を使う必要性に迫られている」方、「英語を使う機会が少ない」を悩む方にとっては羨ましい環境ですが、きっとご本人は気疲れしたりで悩んでいらっしゃることでしょう。
アドバイスは一つです。「とにかく仕事をしましょう!頑張ってください、応援しています!」
適応曲線というものがあり、人間だいたい3ヶ月同じ環境にいたら慣れるものです。(ただしその3ヶ月はかなり大変なのですけどね。)英語を必死で3ヶ月使っていれば、英語にもちゃんと慣れることができるようになります。

苦手意識も味方につける!

「苦手意識が取れない」「英語の力が伸びない」ことで悩む方へはモチベーションを維持する名言もお勧めですが、何よりも「英語が苦手なんだよな〜」というその気持ちを大事にすることを私はお勧めしています。

え?苦手意識を大事にするの?

と、不思議に感じられるかもしれませんが、「英語が苦手」という気持ちを拒絶してしまうと「英語が苦手じゃダメ!得意にしないと!」ー(でも現状は苦手)ー「理想と現実の溝が埋まらない!」ー「全然得意になんかならない!もう私英語なんかやらない!」という負のスパイラルに入ってしまうんですね。
でも、「英語は苦手・・・そうなの、私、英語はどれだけ勉強してもなかなか力が伸びなくて。だから、今は英語は苦手。そのうち得意になるかもしれないけど、今は苦手でいいや。」と自分の気持ちを受け入れると、遠赤外線のような暖かさのモチベーションが続いたりするんです。
カウンセリング技法の1つらしいですが、私もやってみたらびっくりするほど「苦手意識」に悩まなくなったのです。
「私は英語苦手ガールですが毎日英語の勉強続けてます。」って、少しカッコ良く思えてしまいませんか。

まとめ

過去記事も含め英語が苦手な方へ、アドバイスをいくつかご紹介させていただきました。
アドバイスは万人には通じないものなので、あなたの信頼できる人に相談するのもいいかもしれません。
でも「英語の勉強の仕方がわからない」「英語を使う機会がない」という方はぜひいますぐSpeakBuddyをダウンロードして試してみてください。絶対に後悔はしませんよ。

本日もありがとうございました。

The following two tabs change content below.

Asami Tamano

中学生から英語を学び始めた典型的日本人。TOEIC950点と英語検定準1級を独学で取得した体験と英語学習者5000人以上を見てきた経験を元に、英語を学ぶ方を励ますような記事を書いていきます!

あなたにオススメの記事

  1. エンジニアやプログラマーは英語力をつけて仕事力UP!

  2. “Expect” と “Look forward to”の使…

  3. 英語で手伝って頂けますか?手伝いましょうか?を言う方法

  4. 英語のレシピで作ってみよう!食育コラボ

  5. 2020年東京オリンピックで英語学習がどう変わる?

  6. さらなる英語力向上のために必要な3つのこと

  7. 英単語は文で覚えよう!キクタン活用法

  8. 英語でなんて言う?「あなたにお任せします」*音声サンプル付き…

  9. TOEICの高スコアを目指し年収も上げよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

Twitter でフォロー