ビジネス英語のお疲れ様|ねぎらい言葉をマスターしよう

お疲れ様って英語で何と言うんだっけ?「ねぎらい言葉」をご紹介!

お疲れ様って英語で何と言うんだっけ…と声かけに詰まったことはありませんか?
英語のビジネスシーンで使う「ねぎらい言葉」についてまとめてみました。
先輩、同僚、取引先やお客様ごとの使い分けも必要になってきます。
ビジネス英語のひとつとして確認して、お仕事でのコミュニケーションに役立ててください。

ビジネス英語のお疲れ様の考え方と伝え方

日本のビジネスシーンでは、「お疲れ様です」という言葉は定番中の定番ですよね。
結論からいうと、お疲れ様の直訳語となる英語はありません。

でも、自分が伝えたい「お疲れ様」の意味を探ると、英語でもいろんな表現が見つかります。
その幅は意外に広く、バラエティに富んでいることにも気付けると思います。
普段使いの「お疲れ様」に詰まってしまいそうな人は、ぜひ参考にしてください。

”お疲れ様です”の考え方

日本人同士で使う「お疲れ様」
定番すぎて、その意味をわざわざ考えて使う人は多くはないと思います。

では、お疲れ様に合う英語を探すために少し考えてみましょう。
お疲れ様ってどんなシチュエーションで、どんな気持ちを込めて使っているでしょうか?

たとえば、会社で誰かと顔を合わせたときの決まり文句ですよね。
一日の終わりに使う人はたくさんいるのでしょう。
このように、お疲れ様は「挨拶」としてよく使われる言葉です。

また、一緒に仕事をしている人たちに、仕事の途中や完了したとき、自然にお疲れ様ですという声を掛け合うものですよね。

外回りから返ってきた営業さんや出張帰りの上司に、大変だったでしょう?どうでしたか?と言いたかったり。

プロジェクトを担当している同僚や部下に対して、頑張ってるね、よくやったねという気持ちを込めて使うときもあるでしょう。

本来は、お疲れ様は、相手の労苦(疲れること)をねぎらう言葉。
でも、実際に私たちが日本語で使う「お疲れ様」は、ご紹介したように、さまざまなシーンで応用活用しているものなのです。

社内でのお疲れ様ですの表現

社内でお疲れ様を使いたくなったら、難しく考える必要はありません。
そのとき、日本語で言えば「お疲れ様」であっても、声をかけたい理由や目的をそのまま英語で表現してみましょう。

挨拶代わりなのであれば、時間帯に合わせた言い換えで十分です。
・Good morning
・Good afternoon
・Hello
・How are you?
・How’s everything?(調子はどう?)

別れ際の挨拶なら、以下の表現が使えます。
・See you later
またあとで。
・See you tomorrow
また明日。
・Have a nice weekend
良い週末を過ごしてください。

お仕事に対するねぎらいのお疲れ様ならこんな表現もおすすめです。
・Good job
よくやってくれました。
・Excellent presentation
とてもいいプレゼンでしたよ。
・Thank you for your great work.
いい仕事をしてくれてありがとう。

先輩と同僚:社内でのねぎらい表現の使い分け

英語のビジネスシーンでも、さまざまな立場の人と接しますよね。
ねぎらいの言葉を使いたいときは、相手と自分の立場関係を考えて使い分けることをおすすめします。

タブーとなる”ねぎらい”もある

「お疲れ様です」のつもりで発する英語が相手によってはタブーになってしまうケースもあります。先ほどご紹介した仕事の頑張りをねぎらうシーンの表現をもう一度確認してみましょう。

・Good job
よくやってくれました。
・Excellent presentation
とてもいいプレゼンでしたよ。
・Thank you for your great work.
いい仕事をしてくれてありがとう。

こういう言葉を使うのは、立場が上の人ではないでしょうか。
上司や先輩に「いい仕事だったよ」「よくやってくれたね」とは言わないですよね。
英語でも目上の人には、「上から目線」ににならないよう気を付ける!という感覚は必要のようです。

先輩や上司におすすめのねぎらい表現

では、目上の人には、どんな言葉が使えるのでしょうか。

挨拶の代わりの「お疲れ様です」であれば、万人共通で使っても大丈夫です。
ただし、相手が目上の人なら、その挨拶がカジュアルになりすぎないように、というのは忘れないでくださいね。

上司や先輩の”仕事”をねぎらうというシチュエーションなら、こんな表現はどうでしょう。
お礼というカタチにするのも、相手にとっては「ねぎらい」になる良い方法のひとつです。

・Thank you for your advice today.
今日はアドバイスをいただきありがとうございました。
・Thanks for sharing me how to do it.
やり方をシェアしていただいてありがとうございました。
・I have learned a lot from you today.
今日はたくさん学ばせていただきました。
・I have learned how it’s done.
こういうふうにするんだというのを学びました。
(※商談やプレゼンに付き添ったあとなど)

同僚はカジュアルでもOK!

仲のいい同僚が相手なら、よりカジュアルな表現で親近感を持たせるのもおすすめです。

挨拶なら、「What’s up?」「How’s it going?」などで調子どう?元気?ということができます。上司や先輩のように立場の違いを気にせず率直に伝えてみましょう。
以下は、いずれも「よくやったね」というニュアンスです。

・You did great!
・Way to go!
・Well done!

部下をしっかりねぎらおう!

部下や後輩に対しては、頑張りを認めるねぎらいの言葉をかけるのも大切なコミュニケーションです。一生懸命、頑張ってくれていることに感謝したり、努力や成果を称えることでも「お疲れ様」を表現することができます。

・I knew you could do it.
君はやれると思っていたよ。
・You have worked hard today. Thank you.
よく頑張ってくれたね、ありがとう。

ビジネスメールでのねぎらい表現

日本語では、メールでも「お疲れ様です」と書くことがありますよね。
同僚などカジュアル感が許される相手なら、会話のときと同じような表現も使えるでしょう。
でも、取引先などの社外の方が相手の場合は、言い回しに気を付けたほうがよさそうです。

端的に!でも具体的に!

ここまで、お疲れ様には、挨拶やねぎらいの意味が込められることをお伝えしました。
メールに気持ちを含めるときは、2つのルールを意識されることをおすすめします。

まず、メールでは、相手に読む時間と手間を割かせるという意識が必要です。
長々としたねぎらいは、控えるようにしましょう。

2つ目の視点として、何のことのねぎらいなのかを明確に書くことが大切です。

たとえば、「Good job!」と送っても、相手はどの仕事のこと?と捉えるかもしれないのです。
何のことだかわからないねぎらいは、コミュニケーション効果が薄れます。
これは、感謝、お礼、称賛のすべてにあてはまる英語の文化と捉えておくといいでしょう。

長くても、曖昧でも不十分となると、その加減は難しいかもしれません。
でも、意識しておくと失態につながることは防げるでしょう。

社内以外の人へのねぎらい表現

取引先など社外の方々へのねぎらい表現にはどんなものが使われるのでしょうか。
特別にお礼を言いたい事項がある場合は、そのことに冒頭でさっと触れましょう。

・Thank you for the meeting the other day.
先日は面会いただき、ありがとうございました。
・Thank you for your assistance with B project.
Bプロジェクトへのご支援ありがとうございました。
・I appreciate you arranging your schedule.
スケジュールをご調整いただき感謝しております。

取引先の場合は、お疲れ様やねぎらいのトピックがないこともあります。
日本語の「お世話になっております」にあたる表現に迷うこともあるでしょう。
そのようなときには、以下の表現が役立ちます。

・I hope this email finds you well.
直訳だとこのメールが元気なあなたを見つけたらいいな
意訳として、お元気だといいなと思っていることが伝わります。
・I hope everything goes well with you.
相手に、順調だといいなと思っていることが伝わります。

その一言がビジネス英語の質を左右する?!

日本語だと、「お疲れ様」という一言で済ませてしまいがちな「ねぎらいの気持ち」です。
英語では、シチュエーションや相手に応じて、さまざまな表現があることをご紹介しました。

大切にしてほしいのが、日本語のお疲れ様のタイミングをスルーしないこと。
そして、そのとき自分が何を思っているかを探って、言葉にして伝えることです。

お疲れ様を伝えたいときというのは、相手とコミュニケーションを取る貴重な機会。
ほんの一言のやり取りの蓄積がビジネスコミュニケーションをスムーズにしてくれるはずです。

The following two tabs change content below.

Kan

英語は私の世界を広げてくれるもの。 本当はツールでしかないのですが、ツールで片づけられない影響力。 英語の勉強も英語での経験も面白い! そんな経験をシェアできたら、嬉しいです。

あなたにオススメの記事

  1. TOEICで何点必要?英語を使う仕事7選!<〜600点レベル…

  2. ビジネス英語でアポイント!メールや電話が楽しく進め…

  3. 英語でビジネス企画書・提案書を効果的に書く方法

  4. ビジネスシーンで使える!英語での丁寧な断り方とは?

  5. 蒸し暑い!雨季に使える英語フレーズはこれで完璧

  6. 英語でプレゼンテーションを成功させる方法

  7. 英語で雑談を制して、ビジネス商機を得よう!

  8. 【ビジネス英語】クッション言葉を使えていますか?

  9. 絶対試したい!無料で学ぶビジネス英語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Android版リリースしました!

SpeakBuddyを無料トライアルで使う

ブログ更新をメールで受け取る

最新記事を見逃さないように、こちらで登録しておいて下さいね

Twitter でフォロー